5本指サンダル鼻緒リメイク,市松模様 麻の葉模様 毘沙門亀甲 蝶柄 鬼滅柄,5本指サンダル,健康5本指サンダル,迷彩5本指サンダル,丹次郎の市松模様,#fujisandal,Amazon,サンダル

5本指サンダル 鼻緒リメイク 市松模様 麻の葉模様 毘沙門亀甲 鬼滅の柄

迷彩柄の意味

迷彩柄の意味

カモフラージュとは

カモフラージュには主に二つのタイプがあり、時には併用して使われます。
一つは、環境に合わせた淡い色や模様が、視覚的に背景に混ざり易くなることを利用します。

もう一方で、キリンなどの草食動物や虎や豹に代表される肉食動物が装う毛皮のパターンは、下図のように

虎柄ヒョウ柄

明暗がくっきりした模様が遠くから見ると全体の輪郭を分かり難くくする効果があり、Disruptive Pattern(迷彩)と呼ばれています

つまり、カモフラージュとは形や色の基本的な認識機能を使った、目の錯覚を巧みに利用しているのです。

迷彩柄の歴史は

迷彩色(めいさい)は、敵の目を欺くためのカモフラージュ技術の1つで、表面に塗装や染色などされた模様です。

装備等への塗装による迷彩を迷彩塗装、迷彩が施された服(特に戦闘服)を迷彩服と言われます。

近代軍服において初めて迷彩的効果を採用したのはイギリス軍が1848年にペシャーワルでの戦いで、現地の色彩に合わせたカーキ色の軍服を用いたのが始まりだといわれています。

ペルシャ語ではカーキは「土埃を被った茶色」を意味してます。

しかしながら、本格的にデザインされた迷彩模様を採用したのは第一次世界大戦中のフランス軍であったとされおります。

1914年の末頃、フランス軍の砲兵隊勤務についた一人の画家が大砲と戦車の迷彩を考案したのがその始まり。

迷彩の効果が確認され、軍は1915年以降は偽装迷彩隊を結成させ、画家やデザイナーなどがその模様を考案するにあたって起用されたといわれてます。

米軍2024

では、ちなみに気になるアメリカ軍はどんな迷彩柄かと、調べてみました。
やはり、世代ごとに多種の状況変化により、変更されてます。
参考程度にとどめます。

米軍カモフラージュ

OD色について

陸上自衛隊では迷彩模様は威圧感や戦争色をイメージさせるためかオリーブドラブ(OD)が用いられることが多かったといわれ、昭和後期には戦闘服にも迷彩が用いられるようになっております。

しかしながら、北海道の笹藪を元にデザインされたといわれる迷彩パターンは一部地域を除き、近距離では逆に非常に目立つもので、特にベース色の薄緑色部分は洗濯をするうちに水色のような発色をするようになり、敵に察知されやすいと不評であったとされてます。

そのため平成期になり、新型の迷彩パターンが研究されるようになり、1992年には迷彩2型(通称、新型迷彩)の戦闘服(後に作業服も迷彩化した)の支給が開始されております。

新型迷彩は、日本の様々な山野の風景をコンピュータ処理し、日本の気候風土に合った迷彩パターンをドット化してデザインしたもので旧迷彩よりも大幅に性能が向上しており、現在は戦闘服と作業服がこの新型迷彩へ移行し、旧迷彩やODを見かけることはほとんど少なくなっております。

陸自迷彩

陸上自衛隊の迷彩柄

迷彩服2型、迷彩服3型といわれ、ドイツのフレックターンをベースにており「日本版フレックターン」とも呼ばれます。フレックターンの特徴的なむらのある配置は、人間の目にディザリング(ノイズ)効果を生み出します。

これは、ピクセルなどのデジタル迷彩パターンと同じような異なる色の間の境界を取り除く効果を生み出し輪郭をぼやかします。

さて、この履物(5本指サンダル)の迷彩柄はどこの軍の迷彩か?

IMG_1453-removebg-preview (2)

迷彩サンダル

[check]ズバリ、陸自です。

元々、隊員さん向けに、5本指サンダル(迷彩柄)が制作されました。勤務外時間に足と指先、指又の解放を(隊員さんは仕事上、長時間のブーツにより)水虫に悩ませされます。

その解放感もなかなか、だそうですね。

5本指サンダルFujisandal、履けば、わかる解放感!です。

只今、特別価格(数量限定です)でご提供中です。
       【ご提供SOHP】

コメント


認証コード7496

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional